自動車保険のネット通販ランキング

Feed Rss

被害者に100%の過失があれば保険金ゼロ。加害者が立証する免責3条件

「死亡事故でも、遺族に自賠責保険金がまったく支払われないケースがあるんですよ」と話すと、ほとんどの人が、「それはうそでしょう、任意はともかくとして、自賠責だけは必ずおりるはずですよ……」そう答えます。

驚いたことに、交通事故の相談員や保険会社の社員、また弁護士の中にもそう認識している人がいるのですが、実は被害者に全面的な過失があった場合、加害者は無過失となり、自賠責保険金は1円も支払われません。

つまり、被害者の自損事故と判断されるわけです。加害者が、自分の無過失を証明する項目については、自賠法の第3条に記されています。どうしても避けられないような事故で加害者になってしまったような場合は、「無責の3条件」とも呼ばれている次の3つの項目をすべて証明し、被害者や遺族に文書で説明したときのみ、被害者に対する賠償責任を問わない(無責という)ことになっています。

①自動車の運行に対して注意を怠らなかったこと

ドライバーやその使用者は、「道路交通法」などの法律を守ることはもちろん、社会的に要求される注意義務を果たす必要があります。

つまり、法律をきちんと守り、注意義務を怠っていなかったことなどが証明できれば、たとえ相手がケガをしていても賠償義務はありません。たとえば、正しく信号待ちをしているときに追突され、追突してきた方がケガをしたような場合は、被害者自身に100% の過失があるとみなされ、信号待ちをしていたクルマは無責です。

②被害者または運転手以外の第三者に故意または過失があったこと

被害者の自殺行為、当たり屋などは故意に当たります。また、自分は注意を怠っていなかったけれど、第三者の行為により加害者になった場合などもこれにあたります。たとえば、信号待ちで停車中に追突されたA さんのクルマが、はずみで前のクルマに追突し、前の人がケガをした場合などは、Aさんは無責です。

③自動車に構造上の欠陥または機能の障害がなかったこと

車検や道路運送法に定められている定期点検、始業点検をクリアしていれば、この項目はほぼ証明できたことになります。特に被害者が死亡するような重大事故の場合は、加害者側の言い分だけで事故が処理されていることもあり問題になることもしばしばです。

保険会社の説明に納得できないときは、加害者側の過失を立証する新事実を探し、「異議申立て」を行なうか、「財団法人自賠責保険・共済紛争処理機構」に紛争処理の申請を行うことができます。

近代水道が100年余り前に誕生して以来、水道事業者にとって第一の目標は、安全な飲み水の供給だった。安全な水とは伝染病の原因となる、生きた細菌を含まないことで、そのために塩素による念入りな殺菌が行われてきた。

しかしウォーターサーバーによって、発ガン性物質という厄介な物質を取り除くことが。しかもそれが安全を守る唯一の手段ともいえる塩素に原因があるとなると、その解決の糸口は一層見えにくいものとなった。

コレラ菌、赤痢菌などで発生する水系感染症の場合、病原菌が水から検出されたら塩素を投入することによって、発病を完全に防ぐことができる。ところがトリハロメタンのような発ガッ性物質では、このような明快な対応はなかなかできにくい。

その最大の理由は、どれくらいの量のウォーターサーバーを、どれくらいの期間飲料水から摂り続けた場合ガンが発生するのか、確実なデータが得られてないことだ。トリ(ロメタンの濃縮液をマウスに与え、ガンの発生が確認されたわけだが、実際にそのような高い濃度が水道水に含まれることはない。ところが低い濃度で実験すると、一〇〇万匹のうち二、三匹が発病する程度なので、そんな大がかりな実験を行うことも難しい。そこで実験データを分析し、人間に当てはめて基準値を出するわけだが、データの読み方や処理の仕方によってかなりのばらつきが出てくる。

世界保健機構(WHO)では、アメリカでの動物実験をもとに、一九七六年に飲料水ガイドラインをまとめた。ウォーターサーバーの中で最も問題となるクロロホルムの基準を、一リットル当り○・○三ミリグラムと決め、総トリ(ロメタンの基準は示さなかった。また米国環境庁(USEPA) は一九七九年、水道水中のトリ(ロメタンの最大汚染濃度を○.一ミリグラムと決め告示した。

ところがWHO は一九九三年に基準を見直し、新基準ではクロロホルムを〇・ニミリグラムと大幅に緩和した。このとき総トリ(ロメタンの基準も決めたが、これはUSEPAと同じ○・一ミリグラムとした。アメリカ以外では総トリハロメタンの基準値が、日本がアメリカと同じ○・一ミリグラム、カナダが〇・三五ミリグラム、ドイツは○・○二五ミリグラムで、国によりかなりの差が見られる。

最近、スポーツ医学の世界で注目されている水分補給法に「ウォーターローディング」というものがあります。これは運動選手に水を計画的に摂取させることで、疲労回復を早め、試合中の運動能力の低下を防ごうとするものです。

トライアスロンの選手にこの方法を指導し、高い実績を上げているそうです。これまでのスポーツの世界では、運動中の水分補給は極力控えた方がいい、という考え方が主流でした。運動中に水分を摂りすぎると体の疲労感が増し、時にはおなかが痛くなることもあるからです。

しかし、現在はこうした考えは否定されつつあります。10年くらい前から運動中に水を飲むことの大切さが指摘されるようになり、今では運動中は積極的に水分補給をするべきだといわれるようになりました。かつては、ローヤルゼリーを一滴も飲ませないまま何時間も続けて練習させるというのが普通だった高校や大学の運動部でも、練習にインターバルをもうけ、こまめな水分補給を心がけるスタイルに変わってきています。

その最も大きな理由は、発汗によって失われた水分の補給です。人間は運動すると体温が上昇し、下げるために汗をかきます。それでもなお運動を続ければまた汗をかきます。バレーボールやマラソンのように連続して数時間も運動を続ける場合は、なんと数リットルもの汗をかくといわれています。

先に説明したように、人間は体内の2パーセントの水が不足しただけでも脱水症状を起こしますから、数リットルもの汗が出ていったまま補給されなければ、やがては危険な状態に陥ってしまいます。それを防ぐためにもこまめな水分補給は不可欠なのです。しかし、運動中の水分補給の意味はそれだけではありません。運動によって排出される汗は体内の水ですから、さまざまなミネラル分を含んでいます。つまり汗をかくことで人間は水分だけでなく、貴重なミネラル分も失ってしまいます。

ことに、筋肉や心臓の機能維持にとって不可欠なミネラルであるカルシウムやナトリウムなどが、汗によって体外に出て・不足すると、筋肉が痙攣してこむら返りが起きたり、急激に心搏数が上がったりします。

またカルシウムやマグネシウムの不足は精神の不安定を招きますから、競技に集中できなくなったり、イライラが高じます。長時間運動を続けるテニスプレーヤーの足が突然痙攣したり、審判の判定にいきなり怒りだしたりするのも、ミネラル不足が原因と考えられています。そこで効果的なのが、運動中にミネラルがたくさん入った水で水分補給をすること。

ただし、この場合大事なのは、ひとつのミネラルだけが多すぎたりしない、ミネラルバランスのいい水を飲むことです。運動中に水分とミネラルを同時に補給できる飲み物としては、スポーツドリンクが知られています。しかし最近では、スポーツドリンクは味を整えるための糖分が水分吸収の妨げとなることから、ローヤルゼリーを選ぶスポーツマンが増えてきました。有名なプロスポーツ選手が試合の合間にローヤルゼリーを囗にする姿も、よく目にするようになりました。

①骨や歯など、体の一部になる。
②体内酵素の成分になる。
③さまざまな体液の調節をする。
④ホルモンの成分、または情報伝達物質として作用する。

ホルモンの成分、または情報伝達物質として作用する。数十種類のミネラルのうち、カルシウム、マグネシウム、ナトリウム、カリウムなどのマクロミネラルは、この4つの役割に、直接または間接的に深く関係している、人間にとって最も重要なミネラルです。

まずカルシウムは、骨や歯の構成成分であるのはもちろん、神経やホルモンの伝達を助ける作用を持っています。また血液の凝固作用や精神の安定にも必要な成分であり、さまざまな成人病の予防にも役立ちます。マグネシウムはカルシウムと同様に骨や歯の成分となるミネラルであり、体内の酵素のはたらきを促す作用を持っています。また神経や筋肉の動きを調節するはたらきがあるので、神経の興奮を鎮め、筋肉の痙攣や硬直を防ぐ効果もあります。

ナトリウムは体液の量やペーハーなどの調節を行なうミネラルで、筋肉の運動機能を正常に保ち、低血圧を予防するのにも役立ちます。ただし多く摂りすぎると成人病の原因にもなるミネラルです。カリウムは細胞内にたくさん存在し、浸透圧の調節やエネルギーを蓄積する作用のあるミネラル。高血圧を予防し、心臓病の発生を防ぎます。

もしこれらのマクロミネラルが体内で不足すると、生理機能が十分でなくなり、疲れたり、イライラしたり、体調が不安定になったりします。ですから健康のためには、これらをバランスよく摂取することが大切です。

現代の日本人は、食生活の変化などが原因で慢性的にミネラルが不足しているといわれています。中でも顕著なのがカルシウムの不足です。厚生省が毎年行なっている「国民栄養調査」によれば、日本人のカルシウム平均摂取量は、成人一日あたりの必要量とされる600ミリグラムに対し、550 ミリグラム程度しかおりません。1995年度の女性の「年代別カルシウム摂取量」のデータを見ると、特に10代後半、20代、30代の女性の摂取量が低いのが目につきます。とりわけ20代の女性は所要量の81パーセント、30代の女性は84パーセントしかカルシウムを摂取しておらず、摂取不足はより深刻であるといえるでしょう。

スーパーやコンビニのミネラルウォーターコーナーを見ると、年々商品の数も増え、売場も広くなっている。このようにミネラルウォーターが伸びている背景には、水道水がまずくなったということや、人々が安全性に不安を感じていることがあるが、ではミネラルウォーターと称するボトル水が、本当に体にいい、おいしい水か検証してみると、多くの問題や疑問が浮かんでくる。

人々がミネラルウォーターについて抱いているイメージは、「健康によいミネラル成分が豊富な水」「汚されていない大自然から生まれた天然水」「山奥の井戸から汲んだ名水」などで、メーカーのコマーシャルやパンフレットも、そのようなイメージを連想させる、写真やコピーがちりばめられている。確かに体にいいミネラル成分が豊富に含まれ、汚染のない清浄な水で、しかもおいしいと評判の名水が手軽に飲めるなら、ボトル一本二百数十円の水でも高くないと誰もが考えるだろう。

水に含まれるミネラルは、地上に降り注いだ雨が川を流れ、地下に浸透する過程で接する岩石や鉱物、土壌などの成分が溶けたもので、接触する時間が長いほどミネラル分の濃い水になる。ところが日本は地形が急で、水はすぐ海に流れ下ってしまうため、接触する時間は短い。また鉱物が少ない土壌のため、地下水でもヨーロッパなどに比べるとミネラル成分はかなり少ない。したがって国内で採水されたものは、ミネラル成分の含有量は水道水とあまり差がなく、「健康によいミネラル成分豊富な水」とはとてもいえない普通の水だ。

これに対して、フランスやイタリア、イギリスなどで採水された輸入品は、日本のものに比べるとミネラル成分が大量に含まれていて、名前通りの商品が多い。ただミネラルが多い水を飲むと喉ごしはさわやかでなく、あまりおいしくは感じられない。またお茶やコーヒー、料理用の水としても不向きだ。囗当たりがよく、調理用に合うのは国内産の商品で、おいしくて体によく、調理に使えば料理もおいしくなるという水はない。

地球環境に対する関心の高まりを受けて、「天然」「自然」といった肩書きを付けた商品が多い。その中でもミネラルウォーターは、そのほとんどが「天然水」「自然水」を謳っている。受けるイメージは、人手が全く加えられていない自然そのままの水を連想するが、国内産の商品は、農林水産省の規格により、ろ過、加熱殺菌が義稗づけられているので、人手が加えられた水でなければ販売することはできない。

また天然水商品の多くは、山奥の井戸や湧き水をボトリングしたピュアなイメージを売り物にしているが、都会からかなり離れた場所の地下水や湧き水でも、汚染されている場合がある。汚染の心配がないというとかなりの山奥で、そこから水を運んだら物流コストがかかり、価格の面で無理かと思われる。このような疑問を払拭するには、採水地の正確な表示が望まれるが、流通している商品の多くは漠然としたあいまいな表示か、または全く記載のないものもあり、不安を感じないわけにはいかない。

普段、喉の渇きを覚えてから水を飲む私たち。でも、渇きはすでに体の水分量の1%が喪失した兆候であり、脱水状態に突入したことを知らせるシグナルなのです。すでに血液粘度も高まっているでしょう。

排尿や排便だけでなく、皮ふや呼吸から気がつかないうちに水分は失われています。それを不感蒸泄といいますが、蒸発する汗は500ml以上で、夏ともなればもっと増えます。また呼気からも50mlが体外に排出されます。

水分の体内バランスシートはイラストのようになっていて、1.2Lの水分をとらないと水循環に狂いが生じてしまうのです。1.2Lといえば結構な量、意識的に水分補給をしなければならない理由がわかっていただけたでしょうか。

ノドが渇く前に水を飲む――。減った分はすぐに補給するべきで、体内の水循環システムを整えるためには積極的な水分補給が求められます。

日ごろからお茶やコーヒーを飲んでいるから安心と考えるのは禁物です。カフェインを含む飲料には利尿作用があり、飲んだ分量以上の水分を体外に排出してしまいます。 入浴後のビールも実はイエローカード。ただでさえお風呂で汗をかき水分不足になっているのに、さらにアルコールの利尿作用が追い討ちをかけ、水の体内循環を阻害します。

水分不足を補うためには水に勝るものはありません。水ならば腎臓でのろ過も楽に行えるのです。

腎臓や心臓に障害がある方以外、体が要求するだけ水は飲んで構いません。不必要な分は排出され、有害物質や老廃物をも洗い流してくれます。また、そのくらい意識しなければ、1.2Lという水分量はなかなか補給できにくいともいえるのです。

水は人間にとって必ず必要なものです。

毎日飲むウォーターサーバーの水は、水道の水とは違う点が沢山あります。

豊富なミネラル成分が入っていたり、不純物が一切入っていなかったり、安心安全な水であることは間違いありません。

そんな水の秘密に迫ってみましょう。

 大人の体重の約6割は水分で作られています。赤ちゃんに至っては体のほぼ8割が水分で構成されています。そんな私たちの体液にはナトリウムやカリウム、カルシウムなどの鉱物(ミネラル)が溶けていますが、その成分比率が海水に酷似していることはご存知でしょう。太古の時代に海中で誕生した生命は、体の内側に「海」を抱えることで陸上生活ができるようになりました。

私たちにもその仕組みは継承されています。

中東やアフリカの厳しい環境に生きる砂漠の民がターバンや分厚いマントで身を被って暮らすのも、直射日光や乾燥から体内の「海」を守る生活の知恵なのです。 体のなかの水分は酸素や栄養素を溶かし込んで細胞に運び、また不必要で有害な老廃物を体外に排泄する役割を担っています。

1日に腎臓を通過する水分は体重の3倍といわれ、体重60kgの人ならなんと180Lにもおよびます。それほどの大量の水を媒介にしないと生命活動は維持できないのです。

つまり体内の「海」である「水の循環システム」こそが生命の基礎。5%の水分が失われただけで体調に大きな異変が生じ、10%ともなると生命の危機にみまわれます。夏に多発する熱中症の怖さもここにあります。 さらに食物をとらなくても水さえあれば、ある程度(脂肪の多い人なら1ヵ月)は生きられますが、水を飲めないと人間は3日ともたないそうです。水分に溶けたカタチでしか代謝が行えず、水が不足した状態では蓄えられた脂肪などの栄養素も分解・吸収できなぐなるからです。

それほど重要な水の循環システムですが、そのことを私たちはどれほど意識しているのでしょう。みずみずしい体と心の健康に水は欠かせません。水の奇蹟によって生まれた私たちの生命は、ウォーターサーバーのが大きな支えとなっているのです。